子宮筋腫がみつかったら

会社の健康診断や、別の用件での婦人科受信などで、自覚症状もなかったのに子宮筋腫ができていることが突然わかったりすると、びっくりすることと思います。

子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる腫瘍のことです。腫瘍という言葉の響きから、ガンや悪性腫瘍などをイメージして絶望的な気持ちになる人もいるかもしれませんが、子宮筋腫は良性の腫瘍で、婦人疾患の中でも珍しくないごく一般的な病気です。

自覚症状が無いのであれば手術の必要が無いことも多く、日常生活にも支障が無くて、悪性化することもほとんどないので、心配せずに落ち着いて適切な対処をすることが大事です。

子宮筋腫に対する知識を持つ

病気についてよく知らないと、どうしても不安になります。

子宮筋腫に限らず、どんな病気でもそうですが、病気を気にしすぎると精神的なダメージをうけてしまったり、かえって体調をくずしたりしてしまうことがあります。

自分の病気や治療法について正しい知識を得ることで、こういった不安はかなり解消されます。

このサイトでの情報がお役に立てばいいですが、子宮筋腫のことについて書かれた書物もたくさん出版されています。

そうしたものから知識を得て、子宮筋腫という病気は決して危険な病気ではなく、治療法もいろいろと選択肢があって、自分に合ったものを選べるのだということを知っておけば、心配もおさまるでしょう。

自分の子宮筋腫について知る

子宮筋腫についての理解が深まったら、自分の筋腫がどんなタイプの筋腫なのかを婦人科やクリニックで調べてもらいましょう。

子宮筋腫と似た病気もあるので、正しく鑑別してもらうことも大事なことですし、筋腫の大きさや数、位置などによって治療法も異なります。自分の子宮筋腫の状態についてしっかり診断を受けて、納得できる治療法を選べるようにすることが大事です。

また、一度できた子宮筋腫が無くなってしまうことは残念ながらありません。むしろ子宮筋腫は時間とともに成長して大きくなる可能性があります。筋腫が大きくなれば、月経過多や貧血などの自覚症状が現れ、そういった症状は次第に悪化していくことも多いので、早めの適切な治療が必要となってきます。

子宮筋腫の状態を把握し、すぐに適切な対処をとれるようにするには、症状が出てこなくても、例えば半年ごとに定期検診を受けることが一番いいことです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP