子宮筋腫の膣式手術

子宮筋腫の膣式手術とは、おなかを切らずに膣から器具をいれて
手術する方法です。

全摘術と核出術が行えますが、膣式子宮筋腫核出術は、
とてもむずかしい手術方法なので、あまり行われていません。
ここでは、主に膣式子宮全摘術についてお話します。

膣式子宮全摘術は、膣の一番奥を切開し、
そこから子宮を引っ張りだすようにして摘出する方法です。
卵管や卵巣は、病変が無ければそのまま残します。
子宮を支える靭帯を切断したあと、腹膜に卵管や卵巣を
縫い付けておくので位置が変わることもありません。

膣式手術のメリット

膣式手術は、回復手術のようにおなかを切らないので、
手術創が残りません。
通常、手術後の痛みは傷口に感じるものなので、
おなかを切らない膣式手術は、痛みも軽く、
回復が早いことが、最大のメリットです。

手術時間は1時間から2時間ぐらいです。
出血量は少ないので、通常は輸血の必要はありません。
ただし、癒着などによる予測不能の出血があった場合は、
緊急に輸出したり、開腹手術に変更になったりすることが
あります。

膣式手術が適応する条件

膣式の適応条件はかなり絞られます。

  • 子宮の大きさがにぎりこぶし以下
  • 手術の既往がない
  • 出産経験があり、膣がある程度広がる
  • 子宮周囲の癒着の可能性が低い

腹腔鏡を使用することでより安全に

膣式手術の欠点は、手術の際の視野が狭いことです。
そのため、筋腫が大きいときや癒着があるときには、
膣式での手術は難しいとされていたのですが、
最近では、腹腔鏡を併用することで、
そのデメリットをある程度カバーできるようになりました。

膣からだけで全摘手術する場合を膣式単純全摘術
呼ぶのに対し、腹腔鏡を併用する方式を
腹腔鏡補助下膣式子宮全摘術(LAVH)と呼びます。

腹腔鏡で癒着の剥離や靭帯切断などの操作を行うことと、
膣から子宮を摘出することの、両方を併用して
手術が進められるので、手術の安全性が高まり、
癒着があったり、これまで無理だった大きな子宮でも
取り出せるようになってきています。

ただし、手術時間は膣式単純全摘術よりもかなり長くなり、
また実施している施設も限られるので、医師との相談が必要です。

筋腫分娩の摘出
有形粘膜下筋腫で、筋腫が子宮より飛び出した筋腫分娩の場合、
膣から筋腫のみを切除(核出)することができます。
この術式は膣式子宮筋腫捻除術と呼ばれます。

もっとも簡単な方法は、子宮を飛び出した筋腫をまわして
茎部をねじきる方法ですが、これは盲目的な方法でもあり、
出血が多くなることがあります。

より安全な方法は、子宮鏡下で茎部を確認しながら切除する
方法です。
茎部の切断を子宮鏡で確認しながら安全にすすめることができ、
切除後の出血点も凝固止血することができます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP