妊娠中に子宮筋腫が見つかったら

妊娠中に子宮筋腫が見つかることはよくあることです。
妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲン卵胞ホルモン)の分泌が急減に増えるので
それにつれて子宮筋腫も急激に大きくなります。
それまでに気づかなかった子宮筋腫に、
妊娠してはじめて気づくケースが多いのはそういう理由です。

筋腫が見つかったとしても、ほとんどの場合、
妊娠中に大きな問題が起こることはなく、
特別な処置は行わずに経過観察だけになることが多いでしょう。

ただ、筋腫は大きくなることで性質や症状が変わる場合があります。

大きい筋腫では流産になる確率が高くなるという報告もあり、
また、一般的な早産率が5%なのに対し、子宮筋腫がある人の早産率は
9%というデータもあります。
受精卵が子宮筋腫の上に着床したために、胎盤の早期剥離が起こることもあります。

筋腫が原因で痛みが強くなると、それが引き金となって子宮が強く収縮し、
最悪の場合、流産や早産につながります。場合によっては入院管理が必要です。

いずれにせよ、妊娠したら検診はきちんと受けて、無理のない生活をおくることが大切です。

赤ちゃんへの影響

妊娠して筋腫が見つかると、一番気になるのは赤ちゃんへの影響がどうなるのか、ということではないでしょうか。

胎児へつながる血管と筋腫につながる血管は、
同じ動脈から枝分かれしたものになります。
胎児はお腹の中で血管から栄養をとっているので、
筋腫に栄養を取られると、赤ちゃんに行き渡らないのではないか、
と心配になりますが、血管は十分に太いので、
栄養素が筋腫にとられて、胎児が栄養不良になってしまう、
ということはありません。

また、大きな子宮筋腫が胎児を圧迫して、胎児の成長を妨げる、
ということもありません。
妊娠前の筋腫は、弾性はあるものの、少し硬い腫瘍ですが、
妊娠が進むにつれて柔らかく変質していくからです。
最終的には、つきたての餅ぐらいの柔らかさになるので、
子宮と一体化して胎児を圧迫することはありません。

子宮筋腫は妊娠するとエストロゲンの影響で、
急成長することが多いのですが、これは妊娠初期だけで、
中後期には変性が起こって、むしろ小さくなることが多いのです。
> 子宮筋腫の変性

筋腫は変形することもありますが、胎児はそれに合わせて
上手に自分の位置を調整し、過ごしやすい位置に収まって成長します。
逆子や横位になることはあっても、成長に関して言えば、ほとんど心配いりません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP