子宮筋腫の超音波検査

子宮に関する検査を行うとき、超音波検査は、現在ほとんどの医療機関で行われる検査です。

人間の耳には聞こえない高い周波数の音波をあててはね返ってくる反射波(エコー)を、コンピューターで画像化し、モニターに映し出すものです。

超音波検査は、特に痛みを感じずに、何回繰り返しても副作用はなく、X線検査と違って被爆の危険性もありません。お腹の中の様子はモニターに映し出されますので、他の画像診断と違って、すぐに結果がわかります。

このとき、患者さんも医師の説明を受けながら一緒にモニターで見られるのがいいところです。質問があれば、ぜひその場で聞いてみましょう。

超音波検査で子宮筋腫を調べる方法には、主に経腹法と経膣法があります。

経腹法は、超音波が通りやすいようにお腹にゼリーを塗り、その上からプローブ(超音波発信機)を当てる方法で、直径10cm以上の大きな筋腫を観察するのに適しています。

経膣法は、細長いプローブを膣の中に入れる方法で、小さい筋腫の発見や粘膜下筋腫の診断に役立ちます。妊娠していないとき、あるいは妊娠初期には、おもに経膣法が用いられます。
経膣法
経膣法が不可能な場合、また性経験のない人には、肛門から直腸にプローブを入れる経直腸法で検査することもあります。経膣法に抵抗のある人は、医師に相談してみてください。

超音波検査では、子宮筋腫の位置や大きさ、数などがわかります。さらに経膣法だと、子宮内膜の状態や卵巣内の卵胞の大きさなども観察できます。

ただし、子宮筋腫の大きさの測定に関しては、多少の誤差はしかたないところです。子宮筋腫は全てが球形とは限らず、筋腫と正常な筋肉の境目もはっきりしないことが多いので、測定しにくいためです。MRIでは可能な5mm以下の小さな筋腫も判別することはできません。子宮筋腫と子宮腺筋症との違いを見極めるのが難しい場合もあります。

超音波検査の所要時間は、1~3分程度です。経膣法の場合は、内診終了後に続けて手早く行われて、患者さんが気づかないこともあります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

前の記事:

次の記事:

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP