子宮動脈塞栓術(UAE)

子宮動脈塞栓術(UAE)とは、子宮動脈の血流を絶ち、
子宮筋腫に栄養や酸素が行き届かないようにすることで、
子宮筋腫を小さくする方法です。

子宮筋腫は、子宮動脈から栄養補給されていますが、
この手術では、子宮動脈にスポンジ状のゼラチン(塞栓物質)
で栓をすることで血流を止めます。
ゼラチンは、1ヶ月ほどで体内に吸収されます。

子宮動脈塞栓術は、子宮筋腫を小さくすることが目的で、
筋腫を根治することはできません。

栄養と酸素を断たれた筋腫は、3ヶ月で50%、
6~12ヶ月でぐらいの容積まで縮小します。

筋腫の縮小により、子宮過多や子宮困難症などの症状は
改善しますが、中には筋腫の縮小が十分でなく、
症状が改善しないこともあり、別の治療が必要となることも
あります。

子宮動脈塞栓術が適応する人

  • 子宮筋腫の症状(過多月経や妊娠困難症など)がきつく、
    手術が必要だが子宮は残したい人
  • 妊娠していない人
  • 今後妊娠を望まない人
  • 心臓や脳に疾患があり、開腹などの手術が困難な人
  • 造影剤にアレルギーのない人

子宮動脈塞栓術は、新しい治療法なので、
術後10年以上のデータが無く、妊娠にどのような影響が
あるのかよくわかっていません。
安全性が確立されていないので、子供がほしい人には
現状ではすすめられない方法です。

子宮動脈塞栓術の治療内容

最初にX線で下腹部の血流を確認します。

局所麻酔または硬膜外麻酔をかけて、
太もものつけ根を小さく切開し、
X線モニターで確認しながら、カテーテルと呼ばれる
細い管を子宮動脈に挿入していきます。

カテーテルから造影剤を注入し、
造影剤が血流に乗って流れる様子をX線で撮影することで、
血管の分布や形が分かります。

次に子宮動脈へ塞栓物質を注入して動脈をふさぎます。
身体の他の部分に塞栓物質が流れ込まないように、
筋腫へ向かう動脈に確実に入れないといけません。

子宮動脈は左右1本ずつあるので、反対側の動脈にも
同じように入れていきます。

麻酔から塞栓までほぼ1時間ぐらいで手術は終了します。

終了後はカテーテルを抜いて、止血のために傷口を圧迫します。
傷は小さいので縫うほどではありません。

術後は、ゼラチンが完全に動脈をふさぐまで、
6時間ぐらい寝たままで圧迫する必要があります。

子宮動脈塞栓術の副作用

手術後は血液が流れなくなるために、月経痛に似た
強い下腹部痛があります。
痛みは半日から1日ぐらい続きますが、
3~5日間の入院期間中には軽減します。

治療後1週間ぐらいまで、発熱や吐き気、頭痛、倦怠感、
食欲不振などの症状を感じることがあります

また、筋層内筋腫や粘膜下筋腫でごくまれに、
術後に筋腫部分が子宮内腔へ飛び出してくることがあります。
この場合、すぐに手術で筋腫を摘出しないと、
感染が起こって細菌が体内に入り、敗血症になる場合が
あるので注意が必要です。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP