子宮筋腫の種類

子宮筋腫は、子宮頸部よりも子宮体部にできるものがほとんどです。

但し、筋腫ができる位置はさまざまで、できる位置により大きく3つのタイプに分類されます。

筋腫がどこにできるかによって、症状や治療法が違ってきますので、子宮筋腫の種類を知ることは、治療方針を決める上でも大事なことです。

筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)

子宮の筋肉(子宮筋層)の中にできる筋腫で、最も多く見られ、子宮筋腫全体のおよそ6割から7割がこのタイプです。

小豆大のものから、鶏卵大、こぶし大と大きさもさまざまです。

いろいろなところにいくつもできやすく、大きく成長しやすいのが特徴です。

筋腫が小さいうちは自覚もなく、ほとんどが無症状ですが、大きくなると子宮内腔まで張りだして、子宮腔を引き伸ばします。

そうなると子宮内膜内の面積も増えるので、それに比例して月経の量が増えたり(過多月経)、期間が長くなったり(過長月経)という月経異常を招きます。

月経量が多いとレバー状や寒天上の血のかたまりが混じることもあり、また貧血になることもあります。
筋層内筋腫

粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)

子宮の内側をおおう子宮内膜という粘膜のすぐ下にできる筋腫です。

発生頻度は1割と少ないのですが、一番症状が強くでやすいタイプです。

子宮筋腫には血管が集中して張りめぐらされるのですが、粘膜下筋腫は、それが子宮内部に突き出るように成長するので、小さなものでも月経量が多く(過多月経)、長く(過長月経)なります。

また、月経に関係なく、黄色く水っぽい帯下や不正出血が続いたりします。

粘膜下筋腫のために子宮内壁がでこぼこになると、受精卵が着床しにくくなり、結果として不妊の原因にもなります。

粘膜下筋腫の一種として、根本に茎ができて子宮内部にぶらさがるようにして成長する筋腫があり、特に有形粘膜下筋腫と呼ばれます。

人間のからだは体内の異物を外に吐き出そうとする性質があるので、月経のたびに子宮内の有形粘膜下筋腫を外へ押し出そうとして、強い子宮の収縮がおこり、まるで陣痛のように強い傷みを引き起こすことがあります。

この収縮で筋腫が子宮口から膣へ飛び出した状態を、筋腫分娩(きんしゅぶんべん)と呼びます。

このような状態になると、月経期間にかかわらず出血がだらだらと続きます。さらに感染が起こってしまうと、膿の混じった血液が大量に出てくることもあります。
粘膜下筋腫

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)

子宮の表面をおおっている漿膜の下にできる筋腫です。

子宮筋腫の約2割がこのタイプです。

子宮の外側にコブのように突き出て成長します。たくさんできて、イクラや八頭のようになるケースもあります。

このタイプの筋腫は子宮を変形することは少なく、比較的大きな筋腫ができていても子宮内膜を圧迫しないので、
月経過多などの症状があらわれずに気づきにくい、という特徴があります。

けれども筋腫が大きくなると、周囲の器官を圧迫し、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

膀胱や尿道を圧迫すると頻尿や尿がでない尿閉になることがあります。また、直腸を圧迫して便秘になったり、腰椎を圧迫して腰痛をひきおこすこともあります。

有茎漿膜下筋腫は、極めてまれですが、茎がねじれてしまうことがあり、その場合は血液が筋腫に行き渡らなくなって激痛を引きおこします。
漿膜下筋腫

そのほかの筋腫

ごくまれですが、子宮頸部に筋腫ができることがあり、そのような筋腫を子宮頸部筋腫と呼びます。

大きくなると頻尿や下腹部痛、腰痛といった症状があらわれることもあり、また性交時に痛みが生じることもあります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

前の記事:

次の記事:

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP