月経痛や貧血の症状を抑える薬物療法

子宮筋腫の薬物療法には、症状を抑える目的の対症療法と、
子宮筋腫を抑える目的のホルモン療法とがあります。
ここでは、対症療法について説明します。

手術をするほどではなかったり、子宮を残すために手術を希望
しなかったりする場合で、月経痛がひどかったり、貧血症状を
おこしているときは、それらの症状を緩和するために、
必要に応じて薬を用いた治療をおこないます。

対症療法は、子宮筋腫で生じる症状緩和のための治療ですが、
子宮筋腫そのもの治療ではありません。
これらの処置で子宮筋腫が治ることはありません。

月経困難症→鎮痛剤

強い生理痛や下腹部痛があるときには、鎮痛剤が処方され、
一般的に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が鎮痛剤として使われます。

鎮痛剤は、他の薬と違って市販されているものもたくさんありますが、
市販のものは少し効き目が弱くなっています。

鎮痛剤にはいくつかの副作用があり、特に胃腸障害が問題になることが
多いのですが、子宮筋腫の治療として使用する場合は、月経時の痛みが
出たときに頓服(とんぷく)として服用するだけなので、
常時飲み続けない限り、あまり心配はありません。
鎮痛剤には座薬もありますので、胃が荒れている場合は、
座薬でも対応できます。

鎮痛剤で痛みが収まっても、子宮筋腫が治るわけではありません。
自分の判断で飲み続けるのではなく、医師の診断のもとで服用してください。

主な鎮痛剤

種類 一般名 主な商品名
アリール酢酸系 ジクロフェナクナトリウム ボルタレン®
ナポールSR®
インドメタシン インダシン®
プロピオン酸系 イブプロフェン ブルフェン®
ロキソプロフェンナトリウム ロキソニン®
フェナム酸系 メフェナム酸 ボンタール®
サリチル酸系 アスピリン アスピリン®
バファリン®
非ピリン系
(アニリン系)
アセトアミノフェン カロナール®
アンヒバ®

過多月経→止血剤

過多月経で出血が多いときには、止血剤が処方されることがあります。
ただし、過多月経の場合、子宮筋腫が原因とは限らず、
ホルモンバランスが崩れている場合などもあるので、
どんな場合でも止血効果がある、とは限りません。

主な止血剤

種類 一般名 主な商品名
抗プラスミン薬 トラネキサム酸 トランサミン®

鉄欠乏性貧血→鉄剤

過多月経や、月経時以外でも出血がある場合、かなりの割合で
鉄欠乏性貧血を引き起こします。

鉄分は人間の体内では合成されないので、食事などで摂取するしか
ありません。毎日の食事で鉄分摂取に気をつけていても、
それを上回る出血があれば、容易に貧血症状となります。

鉄欠乏性貧血と診断された場合は、鉄剤の服用や注射で対応します。
鉄の吸収をよくするために、ビタミンCの錠剤を併用することもあります。
鉄剤の服用前後に、濃い緑茶やコーヒーなどのタンニンを多く含んだ
食品を摂ると、鉄分の吸収が妨げられることがあるので注意が必要です。

主な鉄剤

種類 一般名 主な商品名
有機酸鉄 クエン酸第一鉄ナトリウム フェロミア®
フマル酸第一鉄 フェルム®
ピロリン酸第二鉄 インクレミン®
徐放鉄剤 硫酸鉄 フェロ・グラデュメット®
スローフィー®
テツクールS®
スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP