子宮筋腫の手術法はメリット・デメリットを理解して選ぶ

子宮筋腫の手術方法は、いろいろな選択肢がありますが、
いずれの方法にもメリットとデメリットがあるので、
よく理解したうえで選択することが大切です。

子宮を残すか取るか

一番に考えなければいけないポイントは、
子宮を残すか、摘出するかです。
子宮を温存する手術法は子宮筋腫核出術
子宮ごと摘出する方法は子宮全摘術といいます。

全摘術は、筋腫だけでなく子宮ごと全部の筋腫を
取り除くので再発の心配がない根治治療です。
妊娠は不可能になり、月経もなくなりますが、
卵巣は残るので、ホルモンは正常に分泌されます。

核出術は、子宮を残したい人、筋腫が妊娠の継続や
将来の妊娠にとって不都合と考える人が選択します。
子宮と卵巣が残る限りは、再発の可能性がある
保存的治療です。

おなかを切るか切らないか

子宮を残すか取るかを決定したら、
さらに筋腫の種類や大きさなどを考慮して、
いくつかの手術法を検討し、いずれかの方法を
選ぶことになります。

子宮筋腫の術式(手術方法)は、
おなかを切るか切らないかに大きく分かれます。

おなかを切る開腹手術は、身体の負担が一番大きく、
入院期間も長くなり、回復にも時間がかかります。
しかし、ほとんどの医療期間で行えることや、
手術時間が短く、安全性が高いなどのメリットがあります。

多くの人が誤解していますが、開腹手術のほうが
術中の視認性がよいため、安全で出血も少なく、
術後の後遺症も少ないのです。

開腹手術以外の方法には、
おなかに穴を開けて内視鏡を使う腹腔鏡手術
おなかを切らない子宮鏡下手術膣式手術があります。

開腹しないので身体への影響は少なく、
入院や社会復帰の期間も短くてすみますが、
どの病院でも行える手術ではありません。
特に腹腔鏡手術は、その設備や医師の高い技術が
必要なので、全ての病院で行える手術ではありません。

子宮筋腫 各手術法のメリット・デメリット

開腹手術

おなかを切開して直接患部を見ながら行う手術法

適用

全摘術・核出術

メリット

  • ほとんどの医療機関で可能
  • 手術時間が短い
  • 手術中にお腹の中がよく見えるので安全・確実
  • 大きい筋腫、数多い筋腫にも対応できる
  • 筋腫以外の異常があったときも対応できる

デメリット

  • おなかに傷あとが残る
  • 入院期間が長くなる
  • 術後の痛みが大きい
  • 開腹に時間がかかり、社会復帰も遅れる
  • 術後に癒着が起こる可能性が高い

腹腔鏡手術

おなかに複数の小さな穴をあけ、その穴から腹腔鏡や器具を入れて行う手術法

適用

全摘術・核出術

メリット

  • 傷あとが小さく目立たない
  • 術後の癒着が少ない
  • 術後の痛みが小さい
  • 入院期間が短い
  • 社会復帰が早い

デメリット

  • 特別な設備が必要
  • 熟達した医師でないと行えない
  • 上記の理由により医療機関が限られる

子宮鏡下手術

子宮鏡の先に取り付けた電気メスで筋腫を削り取る手術法

適用

核出術

メリット

  • 膣からの手術なので、おなかを切らない
  • 術後の痛みが小さい
  • 入院期間が短い
  • 術後の回復が早い

デメリット

  • 手術可能な筋腫は粘膜下筋腫に限られる
  • 筋腫が大きい場合は一度の手術で取りきれないことがある

膣式手術

膣から子宮や筋腫核を摘出する手術法

適用

全摘術・核出術

メリット

  • 膣からの手術なので、おなかを切らない
  • 術後の痛みが小さい
  • 入院期間が短い
  • 術後の回復が早い

デメリット

  • 手術のときの見える範囲が狭い
  • 出産経験があること、子宮周囲の癒着がないことなど、適用条件が厳しい
スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP