子宮筋腫のソノヒステログラフィー

ソノヒステログラフィー(通水超音波検査)は、
超音波検査の一種です。

子宮の中に細い管を通して生理食塩水を注水し、
膣の中に入れたプローブから超音波を当てる経膣超音波法で
子宮内部を観察する方法です。

生理食塩水がもれないように、子宮の入り口で
バルーンをふくらませて栓をします。

検査の痛みはほとんどなく、麻酔の必要もありません。

子宮鏡検査より簡単な検査で、通常の超音波検査よりも
子宮内を鮮明に観察できます。

特に粘膜下筋腫のように飛び出したものは、
生理食塩水が黒く映し出される中で、
はっきりと白く映ります。

筋腫がどれだけ突き出しているかもわかるので、
手術すべきかどうかの判断材料にもなります。

子宮内膜ポリープなどの、他の病変も同時に観察することができます。

超音波検査は、子宮筋腫の検査を受ける全ての人に行われますが、
ソノヒステログラフィーは、その中でも、粘膜下筋腫の疑いが
ある人だけに行われる検査です。

外来で検査でき、通常は10分ぐらいで終わります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

前の記事:

次の記事:

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP