子宮筋腫が鶏卵大?こぶし大?

子宮筋腫の大きさは、内診や超音波検査、CT、MRIなどで測ります。自分の筋腫がどれぐれいの大きさなのか、やはり気になるところです。

筋腫があるとわかっていても気になるのですが、中には子宮筋腫ができていることをお医者さんから突然告げられて、しかも「鶏卵大です」と言われ、びっくりする人もいるのではないでしょうか。

子宮の大きさを告げられるとき、「鶏の卵ぐらいの大きさ」「こぶし大」などと言われたり、「約○○cm」などと言われたり、その表現はさまざまなようです。

実は「鶏卵大」「こぶし大」と言う場合は、子宮全体の大きさを表し、「何cm」と言う場合は、子宮筋腫核の直径もしくは子宮全体の大きさを示している場合が多いのです。

医師によっても表現方法は変わってきます。どちらかといえば慣例として、筋腫を含めた子宮全体がどのくらいの大きさになっているか、という観点で表現される医師が多いようです。

子宮はそもそも、正常な状態でも長さ7cmから9cm、幅4cmぐらいの鶏卵大の臓器です。子宮も含めた筋腫の大きさが鶏卵大ということなら、筋腫そのものは大したことはないのです。

鶏卵大と言われてびっくりしてばかりいないで、それが子宮全体の大きさなのか、子宮筋腫のみの大きさなのか確認してみましょう。

また、子宮筋腫の大きさをいうのに、直径○○cmと言えればすごくわかりやすいのですが、子宮自体がそもそもきれいな球形をしていることはなく、そこにできる筋腫は、いびつな形をしていたり、子宮と筋腫の境目がはっきりわからなくなっていたりして、単純に筋腫そものの直径を図るのは難しいのです。

子宮と筋腫の境目がはっきりしないために、計測する医師の判断によっても変わってきますし、同じ医師が、時をあけて測った場合でも、1~2cmの誤差が出ることがあります。

「前回測った時よりも1cmも大きくなってる」と落ち込む人もいますが、1cmぐらいの誤差は十分考えられますので、多少の増減で喜んだり落ち込んだりすることはありません。

よく「筋腫が何cmになったら手術しないといけないですか」と質問する人がいますが、単純に筋腫の大きさだけで、手術するかどうかを決めることはありません。

筋腫そのもの大きさよりも、症状や年齢、健康状態、妊娠の希望などを総合的に見て判断しますので筋腫そのものの大きさで一喜一憂する必要はないのです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

前の記事:

次の記事:

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP