他の医師の意見も聞く(セカンドオピニオン)

セカンド・オピニオンとは、和訳で「第2の意見」というように、
現在診療を受けている主治医とは別の医師に、自分の病状に関する
客観的な意見を聞くことです。

現在では子宮筋腫の治療法もさまざまに研究されて、
選択できる治療方法がどんどん増えてきています。
自分の身体のことですから、最良の治療方法を求めて、
「他の医師の意見も聞いてみたい」と思うことは、
ごく自然なことといえるでしょう。

担当医に治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいのか
わからないときや、どれが良いのか迷っているとき、
他に治療法がないのか知りたいときなどに、
セカンド・オピニオンで他の医師の意見も聞いてみることを
検討してみてください。

セカンド・オピニオンは、担当医を替えたり、転院する
ということではありません。
あくまでも「第2の意見」ですので、他の医師の意見を
参考にし、それをもって主治医と再度相談するのが原則です。
具体的な診断は行われません。

セカンド・オピニオンで主治医が気を悪くするのでは?

セカンド・オピニオンを受けるというと、
主治医が気を悪くするのではないか、と思う人もいますが、
医師の間でもセカンド・オピニオンの重要性は
浸透してきていますので、あまり心配する必要はありません。
「第2の意見」を参考にして、主治医と一緒に治療方法を選択する、
ということがセカンド・オピニオンの趣旨だからです。

インフォームド・コンセントの考え方が普及し、
治療方針の決定に患者自身が関わるということが
浸透してきたことも背景にあります。

ただ、残念ですが医師も人間ですので、伝え方によっては
医師の機嫌を損ねてしまうこともあるようです。

セカンド・オピニオンを切り出す際には、
主治医を全面的に信頼しているということを
強調したほうがいいかもしれません。

セカンド・オピニオンをお願いするときの例

「先生、実はセカンド・オピニオンを受けたいのです。
実は主人が私の病状がこんなに悪いことを理解できず、
セカンド・オピニオンを受けないと納得できないと言うのです。
私としては、先生を信頼して全てをお任せしたいのですが、
主人の意見も無視できずに困っています。
主人も納得して先生にスムーズに治療をすすめていただくために
セカンド・オピニオンの紹介状を書いていただけませんでしょうか。」

セカンド・オピニオンの流れ

(1)セカンド・オピニオンを受ける病院や医師をさがす

インターネットや書籍などで情報を集めます。
セカンドオピニオン外来のある病院もあります。
口コミサイトなども参考になります。
合わせて費用も確認しておきましょう。

(2)必要書類や資料を確認する

必要な書類は病院や医院によって違います。
どのような書類や検査資料を用意するのか、
セカンド・オピニオンを受ける病院・医院に確認してください。

(3)主治医に紹介状を依頼する

主治医に「セカンド・オピニオンを受けたいのですが」と
相談し、紹介状を書いてもらいます。
確認した必要資料も合わせて用意してもらいます。

(4)セカンド・オピニオンの予約を入れる

現在の主治医から連絡してもらえることもありますので
確認してみましょう。

(5)紹介状と資料を持ってセカンド・オピニオンを受ける

セカンド・オピニオンでは診察は行いません。
あくまでも持参した検査資料を専門医に見てもらって
意見を聞くという、面談のみになります。

(6)主治医と再度話し合う

セカンド・オピニオンの結果を持ち帰って主治医に相談し、
最終的な治療方針を決定します。

セカンド・オピニオンの費用

セカンド・オピニオンは診療ではなく医療相談だけなので、
通常は自費扱いになり、健康保険が適用されません。

費用は施設により異なりますが、
30分から1時間で、1~2万円程度が相場です。
事前に確認しておいてください。

セカンド・オピニオンを受けるにあたって注意すること

まず「ファーストオピニオン」を理解して

最初の主治医の意見(ファースト・オピニオン)を十分に理解しておかないと、
セカンド・オピニオンで意見を聞いて、どの治療法を選んでよいのか
余計にわからなくなってしまうことがあります。

ファースト・オピニオンで、しっかりと自分の病状や病気の進行度、
なぜ主治医がその治療法を勧めるのか、その理由などについて、
よく理解しないままセカンドオピニオンを受けても、
かえって混乱の元となります。

主治医の説明と、これまでの検査結果はよく理解しておいてください。

子宮筋腫に対する知識と理解を深めておく

ただ漠然とセカンド・オピニオンを受けるのではなく、
事前に子宮筋腫のことを自分でも調べてみることはいいことです。

主治医にファースト・オピニオンを聞き、
なんとなく納得できないというのではなく、
自分で勉強してみて、ほかの治療法がないのか聞いてみる、
という姿勢が大事です。

また、セカンドオピニオンで伝えたいこと、聞きたいことを事前に整理し、
自分の病状や経過、質問事項をメモしておくと、
限られた短い時間が有効なものとなります。

セカンド・オピニオンを受ける施設を自分で探す

セカンド・オピニオンを受ける先は、
主治医が紹介してくれる場合もありますが、
できれば主治医とは関係のない病院を、
自分で探す方が良いと思います。

付き合いのある医師どうしでは、病気への考え方や医療方針が
似かよってしまうことが多いからです。

せっかくセカンド・オピニオンを受けても、同じような観点から、
同じような提案を受けるのでは、あまりセカンド・オピニオンの
意味がありません。

自分で探した医師から同じような意見をもらったとしても
納得できるのではないかと思います。

転院は元の主治医に相談してから

セカンド・オピニオンを受けた結果、
その病院で治療を受けたくなることがあると思います。

その場合、安易に病院を替えるのではなく、元の主治医と
相談してから転院するようにしてください。
これまでの経過や治療内容などを紹介状のかたちで
引き継ぐのが一般的な方法です。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP