入院から退院までの日数とスケジュール

子宮筋腫の手術で入院するとき、
その期間は手術の方法によって違いますし、
同じ手術法でも病院によって違ってきます。

入院期間の目安は下記の通りです。

手術法 期間
開腹手術 7日~12日
腹腔鏡下手術 4日~6日
子宮鏡下手術 2日~3日
子宮動脈塞栓術(UAE) 3日~5日
集束超音波治療法(FUS) 日帰り

一番長くかかる開腹手術でも、
通常は7日間から10日間前後で、
回復の具合により前後することもありますが、
何か大きな合併症などがない限り、
長期間の入院になることはありません。
また、異常がなければ、申し出て、
早く退院することができる場合もあります。

入院のスケジュール

手術や入院が決まると、大抵の場合、
病院から入院診療計画書がもらえます。
計画書には入院から退院までのスケジュールが
記載されているので、入院中のいつ、どんなことを
するのかがよくわかります。
具体的には、食事の有無や薬の服用のタイミング、
駐車、点滴、治療、検査などの流れが書いてあります。

入院中は、手術の不安と不慣れな生活とで、
不安な気持ちになりがちですが、
事前にスケジュールがわかれば少し安心できますね。
それでも不安なことや疑問点は、主治医や看護師が
答えてくれますので、遠慮せずにたずねましょう。
入院するとすぐに、診察や問診のほか、
手術の説明がありますので、わからない点は
そのときにも確認できます。

手術が終わると、術後の説明を受けることになります。
話を聞くのは、通常は家族や保証人になりますが、
そのときに、摘出した筋腫の組織なども
見せてもらえますので、自分でも見たかったら
事前に医師に伝えておきましょう。

開腹手術のスケジュール例

入院当日・手術前日

  • 問診、診察、検査
  • 入院中の説明
  • 手術の最終説明
  • シャワー
  • 麻酔科医による麻酔についての説明
  • 夜9字以降の飲食禁止
  • 夜に浣腸

手術当日

  • 朝に浣腸
  • 点滴
  • 膀胱にカテーテルを入れる
  • 麻酔
  • 手術
  • 家族に術後の説明

術後1~2日

  • 朝に採血
  • 膀胱のカテーテルを外す
  • 歩行開始
  • 昼から食事開始

術後3日

  • 朝に消毒
  • 退院
スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP