問診時に聞かれること・伝えること

問診は、患者の症状がどのような状態で、
どの程度、どんな頻度であるのか、
受診の目的は何なのかを知る、大変重要な診察です。

病気について予測し、薬を処方するときにも
重要な手がかりになります。

たいていの病院では、受付で問診票を手渡されます。
できるだけ正確に、詳しく書くようにしましょう。

問診票を使わない医院でも、
医師から必ず同様の質問を受けますので、
答えられようにしておきましょう。

問診の具体的な項目は、だいたい次のようなことです。

  • 気になる症状(状態、程度、期間、頻度など)
  • 月経周期と月経期間
  • 初潮があった年齢
  • 最終月経日とその前の月経日(*)
  • おりものの状態
  • 妊娠、出産、流産、中絶の有無と時期、回数
  • 出産は帝王切開だったか
  • これまでにかかった病気(特に婦人科系)
  • 治療中の病気
  • 子宮頸がん検診を受けた時期とその結果
  • 服用している薬
  • 薬や食べ物に対するアレルギーの有無
  • 家族がかかったことがある(かかっている)病気
  • 性行為の経験の有無
  • 未婚か既婚か

答えにくいこともあるかもしれませんが、
正しい診断を行うために必要なことですので、
隠さず正確に対応してください。

正確に答えるために、事前にメモを用意して
当日に持参するとよいでしょう。

子宮筋腫は、月経異常が起こりやすい病気です。
特に月経の状態を聞かれることが多いので、
正確にメモしておきましょう。

(*)
最終月経とは、一番最近の月経のことです。
最終月経日のことを聞かれたら、
「○月○日から○月○日まで」
といった答え方だとわかりやすいです。
この場合、月経の終わった日よりも、
月経の始まった日を伝えることが重要です。
少量の出血が続いてから月経の出血が多くなる場合は、
多くなった日を月経の開始日とします。
「○月○日から月経が始まりましたが、
その○前から少し出血がありました」
などと答えましょう。

治療歴

治療歴がある場合は、それもまとめておきましょう。

  • 受診した病院
  • 診断時に行った検査(超音波検査、MRI検査など)
  • 治療内容(薬物療法、手術など)

過去の検査記録があれば、持参するとスムーズです。
同じ検査を避けられることで、時間もかからず
目的にあった相談ができます。

基礎体温表

女性の体温は、ホルモンの影響で微妙に変化します。
それを毎朝一定の時間に測り、記録したものが
基礎体温表です。

通常ですと、体温は月経時から排卵日までが低く、
排卵日を過ぎると高くなります。
女性ホルモンの分泌が正常なら、
体温はきれいな二相曲線になるのですが、
ホルモンの働きが悪くなったり、
排卵が遅れたりするとその曲線に乱れがおこります。

基礎体温表は診察時にたいへん参考になる資料です。
不正出血の有無なども記憶しておけば、
体調の変化が一目瞭然で貴重なデータとなるでしょう。
つけている人はぜひ持参しましょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP