手術後の回復と退院後の生活

手術して退院したあとは、体の回復具合と相談しながら、
少しずつ日常生活を取り戻していきましょう。

一般的に、開腹手術の場合は一ヶ月、
腹腔鏡下手術でも一週間は自宅での療養が
必要とされています。

けれども、患部に痛みを感じなければ、
家事や近所への買い物など、日常生活の
ほとんどの動作は行ってもかまいません。
むしろ、一日中横になっているよりも、
積極的に体を動かしていったほうがいいのです。

手術で体力が落ちていることをを自覚して、
体調をみながら無理のない範囲でできることを
していきましょう。

特に腹筋の力は落ちているので、
重い荷物を持ったり、長時間立ちっぱなしになることは、
休息をはさみながら、ゆっくり行うようにしてください。

手術後に行えるようになる期間の目安

手術方法 入浴 仕事 激しい運動
開腹手術 核出術 3週間 4週間 6週間
全摘術 4週間
腹腔鏡下手術 核出術 1週間 2週間以内 3週間
全摘術 4週間
子宮鏡下手術 核出術 1週間 1週間以内 1週間
膣式手術 全摘術 4週間 1週間以内 3週間

回復の具合や手術後の子宮筋腫の状態は、人によって
違いますので、主治医の判断に従うようにしてください。

体だけでなく、心の休養も

特に子宮全摘手術を受けた人は、それがたとえ自分が
選択したことであっても喪失感を感じることが多いでしょう。

そんなときは、子宮を失ったというマイナス面ばかりを
考えるのではなく、子宮を取ったことで得られた
プラス面を考えるといいかもしれません。

子宮を取ると、煩わしい月経から開放され、
それに伴う貧血や腹痛、腰痛で悩むこともなくなります。
子宮がんになるリスクもなくなりますし、
避妊のことを考える必要もなくなります。

そのようなことを考えながら、
喪失よりもむしろ開放感を感じられるようになると、
ストレスも薄らいでいくことでしょう。

新しく生まれ変わったぐらいの気持ちで、
術後の新しい生活を迎えていただきたいです。

退院後の診察について

退院するときは、次に病院にきて診察を受ける日を
伝えられます。
だいたい、開腹手術で1ヶ月後、
子宮鏡下手術や腹腔鏡下手術は、入院期間が短いので、
術後1~2週間で検診を受けて、手術創(手術傷のあと)
の状態を確認してもらいます。

強い痛みが続いたり、発熱や多量の不正出血など、
気になる症状があれば、この限りではないので、
検診予定より早くても受信しましょう。

検診で特に問題なければ、入浴や運動、性交などを
許可してもらえます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP