子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなりの確率で再発する可能性があります。

核出術ではすべての病巣を取りさることは不可能で、別の筋腫の芽が成長して、再び子宮筋腫となり、困った症状を引き起こすことが多いのです。

子宮を温存して核出術を選んだ場合、今の医術では完全に再発リスクを抑えることはできません。30代で子宮筋腫核出術を受けた場合、再発して再手術を受ける可能性は20%以上だともいわれています。特に筋腫の数が多いほど再発リスクも高くなります。

また、40代の女性よりも、20~30代の女性の方が再発リスクは高くなります。若いほうが閉経までの期間が長く、卵巣ホルモンにさらされる期間も長くなるためです。

そのため、20~30代の女性で出産を希望する人は、妊娠したい時期の6ヶ月から1年ぐらい前に筋腫を取る手術を受けて、再発しないうちに万全の状態で妊娠するのが理想です。

子宮を温存するために子宮筋腫核出術を選んだ人は、術後も半年から1年ぐらいのペースで定期健診を受けることが大切です。特に筋腫の数が多かった人ほど注意が必要です。

再発したときの治療

子宮筋腫が再発したとしても、生活する上で困った症状が出ないのであれば、特に手術を受ける必要はありません。その場合は、経過観察で様子を見ます。

けれども、月経過多や貧血、腹痛などの症状が重くなるようであれば、再手術を考える必要があります。

ただしその場合、子宮筋腫核出術は、かなり難しくなるのが現状です。

核出術をすると、患部がまわりの臓器とひっつきやすくなります。これを癒着といい、癒着は手術を重ねるごとにひどくなっていくためです。

このような癒着で生活に支障が出ることはまれなのですが、癒着がひどくなると腹痛を起こしたり、卵管や卵巣に癒着がおこると不妊の原因になることもあります。せっかく妊娠を希望して核出術をおこなっても、不妊になってしまっては意味がありません。

このため、子宮筋腫核出術は一般的に2回までが限度だとされています。

再手術でも子宮を温存したい

子宮筋腫が再発しても、子宮を残すことは可能です。

前述のように、2回以内なら核出術が可能な場合も多いですし、40代以降で今後妊娠を望まない場合は、子宮動脈塞栓術(UAE)集束超音波治療(FUS)といった新しい治療法も選択肢となります。

このように、再手術となっても子宮温存は可能となりましたが、治療法を選ぶ前に、子宮を残す理由を、今一度考え直して見る必要もあると思います。

子宮を取る場合にも、デメリットだけではなく、メリットもあります。少なくとも子宮筋腫の再発リスクはなくなります。
子宮をとるか、とらないか

メリットとデメリットを比べてみて、子宮を取った場合のメリットの方が大きい場合は、子宮の温存にこだわる必要もないかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP