子宮筋腫の子宮鏡下手術

子宮鏡下手術とは、膣から子宮鏡を入れ、
先端についた電気メスで子宮筋腫を削り取る治療法です。

子宮内腔に突き出た粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープが
対象となります。

子宮鏡下手術の適応条件

この手術は、あらかじめソノヒステログラフィー
子宮鏡検査を行い、手術に適応しているか診断していることが
条件になります。

適応条件は以下の通りです。

  • 直径5cm以下の粘膜下筋腫
  • 筋腫が子宮内腔に50%以上突き出ている

子宮鏡下手術の手順

子宮鏡下手術は、子宮内膜が厚いと内部が見えにくくなるため、
手術は基本的に子宮内膜が薄くなっている月経直後に行われます。
事前に2、3ヶ月ホルモン剤を投与して、月経を止めてから
手術することもあります。

手術は子宮鏡を膣内に入れて行われます。
自然分娩をしたことのある人は、子宮口が広がっているので
問題ありませんが、経験のない人は、子宮口を広げる処置が
必要になることもあります。

子宮鏡検査だけなら麻酔をかけずに行えますが、
子宮鏡下で手術を行う場合は、ほとんどの場合、
全身麻酔を行います。

手術を行いやすくするために、まず子宮内にウロマチックという
液体を注入し、子宮内をふくらませます。

挿入する子宮鏡の先端には、ループ状の電気メスがついていて、
これで子宮筋腫を少しずつ削り取ります。
一度で取りきれずに、数ヶ月間で数回に分けて
手術が必要になる場合もあります。

手術時間は1時間以内です。
おなかや子宮を切らないので、身体の負担も軽く、
手術後の痛みもほとんどありません。

入院期間も短く、ほとんどの場合、手術の翌日には退院できます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP