子宮筋腫のホルモン療法

子宮筋腫の成長は、女性ホルモンと密接な関係にありますが、
体内のホルモンバランスを薬で制御して、子宮筋腫の成長を
抑える治療法が、ホルモン療法です。

子宮筋腫の場合は、筋腫の発育に関係するエステロゲンの
分泌を抑える効果のあるGnRHアゴニストというホルモン剤が
処方されます。
GnRHとは、性腺刺激ホルモン放出ホルモンと呼ばれる
ホルモンで、脳の視床下部から分泌されます。
GnRHアゴニストは、このGnRHの分泌を抑制する薬で、
この作用により卵巣のはたらきが抑えられて、
エストロゲンの分泌が少なくなり、月経を止め、
筋腫の成長を妨げます。

GnRHアゴニストは、とても良く効く薬ですが、
いろいろな副作用があり、長期間にわたって使えません。
連続使用は長くても6ヶ月までとなっています。
ただし、月経が再び規則正しくなり、病状が再発したら
再び使用することは可能です。

GnRHアゴニストの副作用

  • ホットフラッシュ
  • 発汗
  • ほてり
  • のぼせ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 不眠
  • 気分の落ち込み
  • イライラ
  • 骨粗しょう症
  • 関節リュウマチのような症状

GnRHアゴニストは、このような副作用があるほか、
使用を止めると、月経が再開し、すぐに筋腫が元の
大きさに戻ってしまうため、
短期間の使用で有効に活用できる場合にのみ使用されます。

閉経が近い人で、逃げ切り療法のために使用したり、
核摘出手術を予定している人で、手術前に筋腫を小さくして
おきたいとき、また手術前に過多月経による鉄欠乏性貧血を
改善しておきたい場合などに有効です。

GnRHアゴニストの主成分はタンパク質でそのまま服用すると
胃酸で消化されるので、皮下注射や点鼻薬として使用します。
効き目は注射剤の方が強く、点鼻薬は吸収量が少ないために
穏やかに効きます。
注射剤は4週間に1回皮膚注射し、点鼻薬は毎日スプレーします。

GnRHアゴニストを使用すると、投与して2週間ぐらいで
月経のような出血が起こることがあります。
これはエストロゲンの低下が原因で、薬が効いてきた目安になります。
1~2ヶ月後には月経が止まり、それとともに筋腫は次第に小さくなって、
3ヶ月ぐらいで半分ぐらいの大きさになります。
使用をやめると再び月経がはじまり、筋腫も2~3カ月で
元の大きさになります。

GnRHアゴニストの種類

種類 一般名 製品名 使用方法
点鼻薬 酢酸ブセレリン スプレキュア® 月経1~2日目から1日3回
左右の鼻にスプレー
酢酸ナファレリン ナサニール® 月経1~2日目から1日2回
片側の鼻にスプレー
注射剤 酢酸ブセレリン スプレキュアMP® 月経1~5日目から4週間に1回
皮下注射
酢酸リュープロレリン リュープリン® 月経1~5日目から4週間に1回
皮下注射
酢酸ゴセレリン ゾラデックス® 月経1~5日目から4週間に1回
皮下注射

ナサニール®、ゾラデックス®は、子宮内膜症のみ保険適用となり、
子宮筋腫で保険の適用はありません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP