集束超音波療法(FUS)

集束超音波療法(FUS)は、子宮筋腫にピンポイントで
高周波の超音波を照射して筋腫組織の細胞を焼き、
壊死を起こして筋腫を縮小する治療法です。

治療は、MRIで患部を確認しながら、画像分析を行い、
患部の位置や温度の上昇をリアルタイムで確認しながら
行われます。

おなかを切らないので手術による傷あとができず、
子宮も温存できます。

ただし筋腫を小さくして症状を改善することが目的で、
筋腫を根治するための治療法ではありません。

子宮筋腫の縮小効果は、子宮動脈塞栓術(UAE)には
劣りますが、一度小さくなった筋腫が再び大きくなる
ことはなく、だいたい半年ほどで組織に吸収されて
出血や痛みなどの症状も改善されます。

入院の必要がなく、半日の治療でその日に帰宅できるのも
大きなメリットです。

集束超音波療法が適応する人

  • 子宮筋腫の症状(過多月経や妊娠困難症など)がきつく、
    手術が必要だが子宮は残したい人
  • 妊娠していない人
  • 今後妊娠を望まない人
  • 子宮筋腫の大きさが3cm~10cm
  • 子宮筋腫の数は1回の治療で3個以下
  • 子宮がんや卵巣がんなどの悪性疾患がない
  • MRI検査が可能である
  • 下腹部に過去の手術跡が無い(横切開なら可能なことも)
  • 対象の筋腫が骨や神経から4cm以上離れている

集束超音波療法は、新しい治療法なので、
術後10年以上の長期間のデータが少なく、
妊娠にどのような影響がでるのかがよくわかっていません。
安全性は証明されていないので、将来妊娠を希望する人には
強くすすめられない治療法です。

適応条件が限られていて、設備が整っている病院や施設も
現状では少ないので、実際にこの治療を受けられる人は
それほど多くはありません。

集束超音波療法の治療内容

毛の周辺は、気泡を生じて超音波照射の精度が悪くなるので、
治療前には下腹部を剃毛します。

また膀胱に尿がたまると子宮の位置がずれるので、
膀胱にはカテーテルという細い管を入れて、たまった尿を
取りながら処置をすすめます。

患者さんはMRIのベッドにうつぶせになり、腹部の下から
筋腫の部分に向けて超音波を照射します。

MRIで確認しながら、20秒ほどの照射で5mmぐらいの筋腫を
焼いていきます。
超音波の照射により、患部に少し熱さや痛みが起こりますが、
苦痛というほどにはなりません。

全体の治療時間は、3~4時間ほどと長めですが、
その間、患者さんは寝ていればいいので楽です。

集束超音波療法の副作用

ごくまれに軽いやけどが起こることがあります。

治療後に、腹痛や吐き気が起こることがあります。

坐骨神経に沿って、一過性の軽いいたみやしびれが
起こることがあります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP