子宮筋腫の変性

子宮筋腫は大きく成長するばかりではなく、逆に小さくなることもあります。

例えば、閉経後はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が少なくなり、それが原因で筋腫が小さくなることはよくあることです。

けれども、閉経前で、エストロゲンが分泌されているにもかかわらず、筋腫が小さくなることもあります。

これは子宮筋腫の細胞が死滅することが原因で、このことを「変性」と言います。

変性は、子宮筋腫全体の半数以上のケースで起こる現象で、特に5cm以上の大きな筋腫では、ほとんどの場合に起こります。

変死が起こる原因は、筋腫の血行障害によるものです。

子宮筋腫ができると、周辺から毛細血管が張りめぐらされ、血液から栄養を補給して成長していきます。筋腫が小さいうちは全体に栄養が行き渡り、どんどん大きくなりますが、ある程度の大きさになると、筋腫の中央まで栄養が行き渡らなくなり、栄養を断たれた筋腫細胞は中央から死滅していくのです。

変性が起こると、筋腫細胞は固いコラーゲン繊維に変化したり、中に水がたまって水泡状になったり、カルシウムが沈着して石灰化し、カチコチに固まったりすることもあります。

このような場合、多くの子宮筋腫は小さくなります。一度変性して小さくなった子宮筋腫が、再び大きくなることはありません。

ただ、変性が起こっても、その範囲が狭い場合は、筋腫核は成長を続ける場合もあります。

子宮筋腫の変性は、特に妊娠中や更年期に起こりやすいものです。

妊娠中はエストロゲンの分泌が増え、その影響をうけて子宮筋腫が急激に大きくなることが多いので、筋腫の成長に栄養補給が追いつかず、変性を引き起こします。

出産後に子宮筋腫を摘出する予定だった人が、妊娠中に変性をおこしたために、筋腫が小さくなり、手術の必要がなくなる場合もあります。

更年期では、血流が悪くなるために変性が起こると考えられています。

子宮筋腫の変性による痛み

子宮筋腫の変性が原因で、腹痛が起こることがあります。

痛みの程度は人それぞれです。まったく傷みを感じない人もいます。

一般的には、傷みは数日から数週間で治まります。

まれに感染症が起こる場合もありますので、腹痛が起こったら、念のため診察を受けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP