子宮筋腫の手術を行う判断

子宮筋腫があると診断されたら、誰しも、
「手術が必要?」と思うでしょう。

子宮筋腫は良性腫瘍なので、筋腫自体が直接的に
悪い影響を体に与えるような病気ではありません。
子宮筋腫によって起こる症状が、日常生活の支障と
なる場合に問題となるのです。

そのため、全ての筋腫に手術や治療が必要なわけでは
ありません。
経過観察だけで何もしない場合もたくさんあります。

子宮筋腫の症状が生活の支障になるか否か、
が重要なのです。
支障にならないのであれば、何もしないで
経過をみる、ということでいいのです。

生活に支障が出るような症状があるときでも、
すぐに手術、ということもありません。

適切な治療で症状を緩和させる対症療法を
行うこともあります。、
閉経が近いのであれば、薬でホルモンの分泌を
抑えて、セイフティゾーンに逃げ切るように
処置することもあります。

それでも症状がひどかったり、出産などの都合など、
必要な場合に手術で対応することとなります。

手術など何らかの治療が必要な場合

  • 子宮筋腫で過多月経による鉄欠乏性貧血がひどい
  • 子宮筋腫による月経痛がひどい
  • 子宮筋腫による圧迫症状がある
  • 子宮筋腫による下腹部痛や腰痛などがある
  • 子宮筋腫が原因と考えられるひどい便秘や尿の障害がある
  • 妊娠を望んでいて子宮筋腫が不妊の原因と考えられる
  • 子宮筋腫による早産、流産のおそれがある
上記のような症状が出ていたり、状況にある場合は、
手術や薬による対症療法など、医師から何らかの医療措置を
勧められるでしょう。

症状が軽い場合の判断

上記のような症状がない場合や、あっても症状が軽い場合は、
手術の適応判断がむずかしいところです。

ひと昔前では、子宮の大きさがこぶし大になったら手術、
と言われていた時代もありました。
この基準は、今ではあまりあてにならない基準とされています。

現在では、超音波検査MRI検査の発達により、
子宮筋腫核そのものの大きさが、以前より正確に
調べられるようになってきたのですが、
一概に筋腫の大きさだけで手術の可否判断をすることは
できません。

手術の必要性は、筋腫の状態だけでなく、
筋腫の発達速度や、本人の年齢、状況、
治療方法の選択肢などを視野に入れながら、
総合的に判断することが必要です。

下記に手術の適応判断となる要因をあげてみました。
手術や治療の適応は、医師の判断だけでなく、
本人がどうしたいかが重要です。
下記の要因を自分の状態に当てはめて、
じっくり検討する必要があります。

手術を決める要因

筋腫の状態
  • 筋腫の大きさはどれぐらいか
  • 筋腫の数はいくつか
  • 筋腫の位置はどうか
筋腫の成長速度
  • 筋腫の成長が速いか、遅いか
  • 観察ごとに大きくなっているか
本人の状況
  • 閉経が近いか、まだ先か
  • 子宮を残したいか、残さないか
  • 妊娠を希望するか、しないか
治療選択肢
  • どんな治療を受けたいか
  • その治療法は、筋腫がどれぐらいの大きさになるまで可能か
スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP