症状と個人事情で選ぶ子宮筋腫の治療法

新しい薬の開発や手術法の進歩により、
現在では子宮筋腫の治療法の選択肢もかなり増えました。

基本的には症状に合わせて治療法を選択することになりますが、
それだけではなく、患者の生活スタイルに合わせて治療法を
選ぶことも重要なことです。
子宮筋腫という病気は、日々の生活に加えて、仕事や結婚、
特に妊娠・出産という女性のライフスタイルに大きく
影響を及ぼすからです。

子宮筋腫にほどこされる治療方法は、施術の内容により、
大きく分けて薬物療法手術療法とがあります。

また将来的な観点から見た場合は、根治療法保存療法とがあります。

これらはどういう治療法なのかを順番に見ていきましょう。

薬物療法

薬物療法は大きく2つに別れます。
つらい症状を薬でおさえる対症療法と、
子宮筋腫を小さくするためのホルモン療法です。

対症療法

子宮筋腫の状態が、手術をするほどではない場合や、
手術を希望しない場合で、症状をやわらげたい場合に行われる治療です。

処方される薬は、下記のようなものです。

  • 痛みを抑えるための鎮静剤
  • 月経時の出血を止める止血剤
  • 過多月経で鉄欠乏性貧血になっている場合の鉄剤造血剤

これらの薬による治療は、症状改善が目的なので、
子宮筋腫に対する直接的な治療ではありません。
これらの薬で、子宮筋腫が小さくなったり、無くなったりすることはありません。

子宮筋腫の対症療法

ホルモン療法

子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響を受けて
成長し、月経に伴い症状が現れる病気です。
そのため、エストロゲンの分泌を抑制すれば、
筋腫の成長を抑え、症状も緩和することができます。

エストロゲンの分泌は、GnRHアゴニストという
ホルモン薬の投与により弱めることができます。

ホルモン薬には副作用があるので、長期間使用することができず、
使用をやめると、再び病状は進行します。

子宮筋腫のホルモン療法

手術療法

手術療法は、子宮や卵巣は残したままで、子宮筋腫核のみを
摘出する子宮筋腫核出術と、子宮を取り除く子宮全摘術があります。

さらにこれらの術法に加えて、近年では新しい手術法も行われるように
なり、手術治療の選択肢は増えています。

子宮筋腫の手術方法

根治療法

子宮筋腫は、卵巣や子宮があって元気に働いている限り、
再発する可能性の高い病気です。

子宮筋腫を根治する方法は、現在のところ子宮を手術で全摘する
以外に方法はありません。

保存療法

子宮全摘手術以外の治療は、いつか再発したり、
症状を抑えるだけで治療をやめれば再び進行がはじまる、
という意味で保存療法と呼ばれます。

子宮筋腫の治療方法

薬物/手術 治療方法 根治/保存
薬物療法 対症療法 鎮静剤 保存療法
止血剤
鉄剤・造血剤
ホルモン療法 GnRHアゴニスト
手術療法 子宮筋腫核出術
子宮動脈塞栓術(UAE)
集束超音波手療法(FUS)
子宮全摘術 根治療法
スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP