子宮筋腫の血液検査

血液検査だけでは、子宮筋腫があるかどうかは、
判断することはできません。
しかし、必要に応じて、子宮筋腫の受診の際に
血液検査も同時に行われます。

筋腫の疑いがある場合に行われる血液検査では、
子宮筋腫の症状からくる鉄欠乏性貧血の程度や
腫瘍マーカーを調べます。

貧血の検査

子宮筋腫の典型的な症状は過多月経なので、
月経時の出血のために貧血になる人がいます。

貧血があると治療に大きく影響します。

貧血の程度は、鉄とタンパク質で合成された
ヘモグロビンという成分の値を調べることで
簡単にわかります。

検査方法によって、基準値は多少変わりますが、
ヘモグロビン値が、11.2g/dl 以下なら
貧血と診断されます。

貧血の種類のうちでも、女性にもっとも多いのは
鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血の場合は、経口鉄剤で鉄分を
補うことで改善されます。

経口鉄剤を服用できない場合や、
強い貧血症状がある場合は、点滴によって
鉄剤投与する場合もあります。

血液検査は、鉄剤の摂取効果を知るために
再度行われる場合もあります。

腫瘍マーカー

血液検査では、腫瘍マーカーを調べることもできます。

腫瘍マーカーとは何かといいますと、
身体のどこかに腫瘍ができた場合、
血液や排泄物の中に、タンパク質や酵素、
ホルモンなどの物質が増えますが、
この物資のことを言います。

本来は卵巣がんの再発を調べるための
腫瘍マーカー、CA125の数値が高いと、
子宮腺筋症や子宮内膜症との合併が疑われ、
診断する上での判断材料の一つになります。

腫瘍マーカーの値が高いと、がんではないかと
心配になる人もいますが、良性腫瘍や
腫瘍そのもの自体がない人、
月経中や妊娠している人でも
この数値が高くなることがあります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP