子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が直接の原因で太ることは、まったくありません。

もし太るとしたら、手術そのものが原因ではなく、術後の体を大事にしすぎて運動不足になったり、回復のためにと思ってカロリーの高いものを食べ過ぎたりするためでしょう。

術後は無理しないようにするのはもちろん大事なことなのですが、痛みや異常がないのなら手術前と同じような生活をし、積極的に体を動かすようにした方が、体調回復のためにも肥満防止のためにもいいことです。

術後に太らないようにすることは、手術あとのケロイド化を防ぐことにもつながります。ケロイドになりやすい体質の人もいますが、太ることにより傷口がひっぱられることもケロイドになる原因となります。

便秘を解消する

子宮筋腫の腸への圧迫症状があったために便秘気味だった場合は、手術で筋腫を取ることで便秘が改善します。

その反対に手術後に便秘になる人もいますが、それは手術には関係なく、術後の運動不足や、傷の痛みで下腹部に力をいれられないことなどが原因です。

その対策としては、まずは適度な運動をして規則正しい排便を心がけることが大事です。排便をうながす大腸反射はたいてい朝食後に起こります。毎朝、便意が無くても朝食後にトイレに入る習慣を作ることで、規則的な排便のリズムを作ることができます。

また、野菜や繊維質の食べ物をたくさんとることも有効です。便のかさが増えて腸の蠕動運動が高まり、便通を促してくれます。

十分な水分を取ることも便を柔らかくするので効果的です。特に冷たい牛乳は腸への刺激効果が高く、朝起きぬけに飲むといいでしょう。

ひどいときには、整腸剤や下剤を服用することもよいでしょう。医師に相談して処方してもらってください。

便秘解消に効果のある成分と食品

食物繊維

便の量を増やし、腸のはたらきを助けます。
玄米、麦、サツマイモ、ゴボウ、バナナ、リンゴ、いちじく、プルーン、こんにゃく、きのこ類、海藻類

乳糖

便をやわらかくします。
牛乳

ビフィズス菌

整腸作用があり、腸の蠕動運動を活発にします。オリゴ糖と一緒にとるとさらに効果があります。
ヨーグルト、乳製品

脂質

腸内を潤します。
黒ゴマ

病気をきっかけに食生活を見直しましょう

術後の食事については、なんの制限もありません。今までどおりの食生活で構わないのですが、体力回復の名目で食べ過ぎないようにしないといけません。

肉類はスタミナをつけるのにいいのですが、動物性脂肪や動物性タンパク質が筋腫を大きくするエストロゲンを増やすと言われていますので、肉類は少し控えたほうがいいかもしれません。

反対に、緑黄色野菜や魚類には、筋腫を予防する効果があるとされています。

このようなこともあり、病気をきっかけに、肉類中心の食事から、野菜や魚中心の食生活に変えていくことは、健康を維持する上でもいいことでしょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP