子宮筋腫の開腹手術

おなかにメスを入れ、切り開いて行われる手術を
開腹手術といいます。

子宮筋腫核出術子宮全摘術のいずれでも行うことが
できますし、さまざまなタイプの筋腫に適用できます。

開腹手術のメリット

開腹手術は、おなかの中を広く見渡すことができるので、
安全で確実な手術が行えます。

また医師が 直接患部を見ることができるので、
病態を把握しやすく、癒着などがあっても
確実に手術をすすめることができ、
筋腫以外の異常にも柔軟に対応できます。

おなかを切りたくない場合は、なるべく希望に沿うように
してもらえますが、筋腫が大きくて腹腔鏡下手術では難しい場合や、
癒着がひどい場合には、安全面から回復手術がすすめられます。

おなかを切らない腹腔鏡下手術よりも手術時間が短くすみ、
出血量も少なくなります。

術後の回復には時間がかかる

開腹手術は、安全面では優れますが、おなかを切るので、
他の手術よりもいたみは大きく、術後の回復も遅くなります。
入院期間も腹腔鏡下手術よりも4日から5日ぐらい長くなり、
退院後にも静養が必要で、社会復帰もそれだけ遅れます。

縦に切るか、横に切るかは本人が決める

開腹手術で意外と気になるのが、おなかを縦に切るのか、
横に切るのか、です。
これは本人の希望に沿える場合が多いので、手術前に
医師と相談しておきましょう。

横に切った方が手術あとが目立たない、という理由で
横切開を選ぶ人が多いのですが、腹壁の神経や血管は
縦に通っているので、横に切るとそれらを切断する
ことになり、皮膚の下に血がたまったり(皮膚血腫)、
皮膚に違和感が残ったりすることがあります。

また、何回か開腹手術をすると、横切開の方は
傷口が次第に固くなっていきます。
子宮筋腫の手術をした人は、その後の出産時に
帝王切開になることが多いため、
将来妊娠の予定や希望があるなら、縦切開の方が
良いかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

前の記事:

次の記事:

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP