子宮筋腫のことを正しく知りましょう。
治療方針を決めるのはあなた自身です。

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、ごくありふれた婦人病です。腫瘍といっても悪性のガンなどとは違い、必ず手術や治療が必要になるわけではありません。診察を受けに行って、子宮筋腫ができていたとしても、経過観察を行うだけですんだ、ということも多いのです。

子宮筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモンの影響で大きくなり、閉経でホルモン分泌がとまると小さくなります。30歳以上の女性の20%~30%に腫瘍があると言われていますが、筋腫ができていても何も気付かずに一生を過ごす女性も大勢います。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですので、それ自体が直接命にかかわることはありません。症状が出ない場合も多く、不都合な症状が無いのなら、普段通りの日常生活を過ごすのに何も問題なく、必要以上に気にすることはありません。

ただ、腫瘍のできる位置や大きさによっては過多月経で貧血になったり、周辺の器官を圧迫して、腹痛、腰痛、頻尿、尿閉、便秘などの症状をひきおこしたりします。そういう症状がひどくなった場合は、治療について考えなければいけません。

また子供を産みたいのになかなか授からない、という悩みを抱えている人は、子宮内の粘膜下や子宮筋層にできた子宮筋腫が不妊の間接的な原因になっていることも多いので、検査を受けることも考えたほうがいいでしょう。

最近では診断技術が向上し、人間ドッグや検診などでも1cm程度の小さな筋腫まで見つけることができるようになりました。筋腫の存在を知らずに、定期検診や社内検診など別の理由で婦人科の診察や検診を受けたときに、たまたま子宮筋腫があることがわかってびっくりする人も多いようです。

治療技術も進歩し、必ずしも子宮筋腫の治療で開腹手術を行うことはありません。また治療を受けることになったからいって、必ずしも子宮を全摘しないといけないとは限りません。病状と出産希望などの患者のニーズに合わせて、最も良い治療法を、患者さん自信で選べる選択肢が増えています。

治療に優先されるのは、患者さんの気持ちです。ですから、最も適した治療を選択するためには、お医者さんまかせではなく、あなた自身が子宮筋腫の正しい知識を知っておくことがとても大切なことなのです。

治療方針を最終的に決めるのは、お医者さんではなくあなた自身です。現在や将来に子どもを産みたいのか、子宮を残しておきたいのか、また子宮を残したときのリスクなどについてよく知ったうえで、あなた自身が治療方針を決めて、納得のいく治療を受けなければいけません。

このサイトは、残念ながら子宮筋腫を患ってしまった人の助けの一端になれればという思いで、子宮筋腫に関する知識をわかりやすくまとめたものです。子宮筋腫でお悩みの方に少しでもお役にたてれば幸いです。


このページをシェアする

スポンサーリンク

最新の記事

子宮筋腫による貧血を防ぐ

貧血は、血液の中の赤血球が少なくなる病気です。血液の有形成分のうちで最...

子宮筋腫の手術後に太らないようにする

子宮を取ってしまうと太る、と思っている人がかなりいますが、子宮の手術が...

子宮筋腫が再発したら

子宮筋腫核出術で、症状のもととなった子宮筋腫を摘出したとしても、かなり...

子宮筋腫と性生活

一昔前まで、子宮筋腫は主に中年女性がなる病気と考えられていましたが、近...

職場で理解を得る

自分の病気のことを周囲の人にどう説明するということは、多くの人にとって...

手術しないなら定期的に検診を

健康診断などで子宮筋腫が見つかっても、特に表立っては症状にあらわれない...

子宮をとるか、とらないか

子宮筋腫を完全に治すには、手術で子宮を取ってしまう(全摘)しかありませ...

子宮筋腫の手術をすすめられたとき

子宮筋腫の診察を受けたあと、診断結果をふまえて医師から何らかの治療方針...

子宮筋腫の手術をするか、しないか

子宮筋腫は、一概に大きさだけで手術の適応が判断されるわけではありません...

子宮筋腫と人生設計

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、それ自体が直接命をおびやかすものではありま...

PAGE TOP